入浴と夏バテの意外な関係性「こらざるの湯」

BEAUTY & HEALTH

最近疲れが取れにくい…。それ夏バテではありませんか?例年を超える酷暑により「疲れがとれにくい」「身体がだるい」そんな経験はありませんか?実はこれ、入浴方法が関係しているのかもしれません。ここでは入浴と夏バテの意外な関係性について探っていきたいと思います。

夏バテの原因はズバリ自律神経の乱れ!

まず、夏バテはなぜ起こるのでしょうか。
私たちの身体は暑さを感じると汗をかいて熱を放散することで、体温を下げて一定に保っています。しかし室内外の温度差が大きければ大きいほど、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまくいかず、自律神経が乱れて夏バテを起こすのです。

自律神経が乱れると起こる身体のサイン

自律神経の乱れからくる身体のサインには以下のようなものが挙げられます。

・身体のだるさ
・食欲不振
・立ちくらみ
・めまい など

皆さんも夏に、このような症状を一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
これらの身体のサインは夏バテなのです。
どれもとても辛い症状ばかりですよね…

ではどのようにして夏バテに気を付ければよいのでしょうか?

夏バテを防ぐには睡眠が大切!

夏バテの防止方法として、運動や食事以外に「質の良い睡眠」が重要であると言われています。きちんと寝れなかった日は、日中もダルくなり「夏バテかな」と思って放っておくと、夏の間中の不調の原因に。

質の良い睡眠をとるためには深部体温を上げる必要があるのですが、それには入浴が大きく関係しているのです。

夏バテを防ぐ効果的な入浴方法

皆さんはこの夏の暑い時期の入浴はどうしていますか?
暑いからシャワーだけで済ませているという方が多いと思いますが、それでは放熱がうまくできずに体温が下がらないため寝付きにくい状態になってしまいます。
では、どのような入浴方法が効果的なのでしょうか。

人は交感神経が優位に働くと、活動的な状態になります。
しかし、ぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られます。
38℃~40℃のぬるめのお湯に20~30分浸かることで、全身の血管が広がり、副交感神経が活発になるため質の良い睡眠に繋がります。
そんな入浴のお供にうってつけなのが「こらざるの湯(入浴剤)」です。

こらざるの湯とは?

こらざるの湯とは、湯船につかるだけで肩コリケアができる生薬入浴剤です。

・自然の恵み100%の生薬入浴剤
・5種の生薬と1種のハーブで、肌に優しく肩を芯からほぐすので肩コリに効果的
・ティーバッグ仕様で肩に直接乗せられるのでとっても便利
・安心の医薬部外品
・赤ちゃんと一緒に入浴できるほどの低刺激

実際に使用してみました!こらざるの湯使用レビュー

ティーバッグ仕様の入浴剤をお風呂に入れて10分程でお湯の色がじんわりと黄金色に変色してきます。
また、生薬のさわやかな香りがリラックス効果をもたらせてくれるので、自宅のお風呂でまるで温泉気分になれるというのも納得できます。

私は入浴すると、10分程でのぼせかけるほど身体が温まりました。笑
さらに、元々肩コリがひどい体質なのですが、湯船から上がるころには肩も少し楽になっていました。
「こらざるの湯」は身体がポカポカするのと同時に、カミツレというハーブの成分が含まれているので爽快感も得られます。

夏に冷房で冷えやすい方や、冬に足腰の冷えでお困りの方にも非常におすすめです。
1年中ご使用いただける「こらざるの湯」で、夏バテに負けない強い身体づくりを目指しましょう!!

 

【参照】

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。