TEINEI テイネイ ボディローション

TEINEI(テイネイ)シリーズ
乾燥ボディをしっとりやわらかな肌へ導くローション

生まれて初めての「潤い」体験!
まるでクリームのような潤い、高保湿なのにべた付かない、本当にただの美容水?

【ボディケアのすべて】
●クリーム並みのしっとり・・・うるおいでキメを整える
●顔用化粧水なみゴクゴク入る・・・浸透力で満たす
●美容液なみのプルプル・・・ハリ・ツヤ・弾力をサポート

特許技術で抽出した次世代のパワーウォーター
@FLOWSUI配合!

今使っているクリーム・オイルや顔用化粧水には意外な落とし穴!?

◆クリーム・オイルの場合
保湿>保水・・・肌表面のみの保湿で保水が出来ない

◆顔用化粧水の場合
保水>保湿・・・保水はできても保湿が不十分。肌はカサカサ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
結果!水分不足や潤い不足で肌環境が乱れさらなる肌トラブルの原因に!
背中ニキビ、ひび割れ、首のシワ、カサつき
などなど・・・これらの肌悩みはぜーんぶ乾燥が原因!

そもそもどうして乾燥肌になるの??

正常な肌には、本来蒸発を防いだり、紫外線やほこりなどの外部刺激から守るための「バリア機能」があります。
「バリア機能」に欠かせないのが、細胞と細胞をつなぐ「セラミド」。

ところが、セラミドは20代をピークに50代で約半分まで減少!その結果・・・
バリア機能は低下して、いわゆる「乾燥肌」へ一直線に急降下!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
そこで、「保水×保湿」どちらもできる
TEINEIボディローションが誕生しました!

「保水」のためのこだわり

特許技術でボディクリームと顔用化粧水がひとつに!
原料の70%が水であるボディケア美容水は、どんな水を使うかで実感は大きく変わります。
TEINEIボディローションは次世代Power water「@FLOWSUI」配合。
溶岩から特許技術で一滴一滴時間をかけて丁寧に抽出した特別な水です。
精製水に比べて浸透力が高く肌に馴染みやすい!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
圧倒的浸透力×ぐんぐん角質層まで浸透。
本物の潤いの為に一滴一滴作った水、それが圧倒的な浸透力を持つ@FLOWSUI。
日本、アメリカ、シンガポールの3か国で特許取得済みです。

 

「保湿」のためのこだわり

3種のヒト型セラミド
乾燥に速攻!今まで使えなかったヒト型セラミドを贅沢に配合しました。
セラミド1:水分保持力に優れ、やわらかでなめらか肌に導きます。
セラミド3:高い保湿機能を持ち、肌のバリア機能をサポートします。
セラミド6Ⅱ:肌のターンオーバーを促進し、水分保持機能を高めます。

皮膚構造と近い3種のセラミドが肌のバリア機能(保湿機能)を高めて潤いを逃がさずキープ!
潤いに満ちたなめらかなツヤ肌に導き、トラブルの起きにくい強い肌を育てます。

「肌活性」のためのこだわり

POINT:自肌力を高める水溶性イオン化ミネラル
水溶性亜鉛・水溶性ケイ素・水溶性マグネシウム・水溶性鉄、水溶性カルシウム、
など29種類の水溶性ミネラルが美肌成分の産生をサポート!

POINT:表皮保湿スクワラン
皮脂膜と同じ成分で潤いを閉じ込め素肌を守ります。

POINT:心を満たす気品あるローズの香り
ほのかなローズの香りで、ケアタイムを癒しのひと時に

POINT:敏感肌にやさしい無添加処方
合成着色料・動物性原料・紫外線吸収剤・シリコン・パラベン・アルコール・鉱物油 不使用

FAQ

Q:かぶれやすい敏感肌でも使うことはできますか?
A:はい!電解イオン水の@FLOWSUIを使用した「TEINEIボディローション」は、ほとんど刺激がないので、敏感肌の方でも安心してご使用いただけますが、万が一使用中、肌に異常を感じた場合は、直ちに使用をおやめください。

Q:デリケートゾーンの使用も大丈夫ですか?
A:はい!大丈夫です。VIOのデリケートゾーンをはじめ、バストトップ、脇など全身で使えます。脱毛後のエチケットケアに。乾燥・肌荒れ・くすみなどの肌悩み解消にご活用ください。

使用方法

●適量を手にとり、やさしくなじませてください。
※お肌に異常が現れた際には、使用を止めてください。

成分・スペック

商品名:テイネイ ボディローション
内容量:200ml
製造国:日本
原材料・成分:水、グリセリン、DPG、BG、セラミド1、セラミド3、セラミド62、火山岩抽出物、スクワラン、アスコルビルグルコシド、PEG-60水添ヒマシ油、(スチレン/VP)コポリマー、ラウロイルラクチレートNa、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、フェノキシエタノール、カルボマー、香料

ご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら

yahoo!でのご購入はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。