「藤原式びゆび」美ST6月号にて “小顔リング “ としてご紹介いただきました

sponsored by e-smile online

美ST(ビスト)2020年6月号の付録として大反響のあった「藤原式びゆび」。イースマイルの広報兼編集Mが、びゆびが美STの付録になって店頭に並ぶまでの舞台裏をお伝えします。美容のプロ中のプロが集う美STの編集部の目に留まった「小顔リング」の魅力とは?

「藤原式びゆび」が美STの付録になるまで

新商品含む多種多様な弊社商品のキャラバンに伺ったあの日。商品説明のトリとしてご紹介させていただいたのが、この「藤原式びゆび」でした。
編集部へ商品のご紹介に伺ったのは、まだ暑い暑――い2019年の夏のことでした。

▼「藤原式びゆび」の魅力や詳しい使い方動画はこちらの記事で!

このコラムも執筆中もびゆび装着中(笑)!究極のながら美容商品

この小さいリング、見た目以上のパワーで、使ってみればみーんなトリコ!こんな小さいのに、え??こんなに気持ちいいの??と私も初めて使ったときはこのリングを3度見くらいしたものです。

マッサージ器具は世の中に数あれど、この商品より軽くて持ち運びに便利でお手入れも簡単というものを他に見たことがありません。そして何より、ながら美容ができる!

私なんて今これを指につけて、ツボ押ししながらPC打ってますし。究極のながら美容商品だと思ってます。

美容のプロ、美ST編集部の方から「付録にしませんか?」とのお言葉

とまあ、それぐらい「藤原式びゆび」は個人的にお気に入りの商品で、説明に力が入る商品です。
…が、やはり実際に美ST編集部のSさんに使っていただくと、その説明が不要なくらい気に入ってくださり、なんと「付録にしませんか?」とのお言葉を頂戴したのです。

いくらSNSの時代と言われる昨今でも、雑誌の付録といったらそれを目当てに買う【付録買い】という言葉があるほどのポジションを確立しています。
まさか、弊社の商品を付録に指名していただけるとは夢にも思っていなかったので、嬉しいという感情よりも驚きの感情の方が先に降ってきて、少し複雑な気持ちで帰途についたことを覚えています。

記事の撮影風景を少しだけお見せします!


記事用の写真撮影にも立ち会いました。

いつも店頭に当たり前のように並んでいるのを見る雑誌は多くのスタッフの努力や、たくさんの工程を経て
ようやく出来上がっているのだなと肌で感じることができました。

「良いのもを作りたい」という熱い思いを目の当たりにしたステキな撮影になりました。

実際に付録になるまではかなりの紆余曲折がありまして、ほんっとーにギリギリまで気の抜けない状態でした。

そんな日々を経て、満を持して美ST6月号の付録として「藤原式びゆび」の登場です。

「アクセ感覚ではめて四六時中流せるやみつきツボ押し小顔リング
という素敵なキャッチでご紹介いただいてます。

▼美ST(ビスト)2020年 6月号 増刊 のご購入は以下各サイトから
amazon
楽天ブックス
HMV&BOOKS

▼美しい40代・50代のための美容情報サイト 美ST ONLINE はこちら
https://be-story.jp/

「藤原式びゆび」リニューアルバージョンも発売予定


そして、コロナ禍によりタイミングが少し遅くなりそうですが、「藤原式びゆび」のリニューアルバージョンが今年初夏頃「コリないわたし」という商品名にて店頭販売予定です!

ECサイトではリニューアル後の「コリないわたし」(2個入り・保管ケース付・¥980+tax)は現在予約販売中となり、5月中旬より発送予定です。

商品名 : コリないわたし
希望小売価格:1,078円(税込)送料無料
内容:1セット2個入り
付属品:藤原式メソッドレシピ・保管用ケース付き
材質:シリコーン(日本製)

【以下各サイトで予約販売受付中!】

ご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら

 

もちろん、現行の「藤原式びゆび」(5個入り・¥1,280+tax)バージョンもECからご購入いただけますよ。
「藤原式びゆび」も「コリないわたし」も末永くご愛用いただけますと幸いです!!

【※※caution※※】
4/27現在、

注文殺到につき、以下5個入りは売り切れとなってしまいました💦。申し訳ございません。
2個入りの「コリないわたし」はご予約好評受付中です!

商品名 : 藤原式びゆび
希望小売価格:1,408円(税込み)
内容:5個入り
付属品:ツボのポイント説明BOOK付き
材質:シリコーン(日本製)
総重量:35g
W105mm×D50mm×H150mm

【ご購入先】
ご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら

yahoo!でのご購入はこちら

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。