【大山式】夢破れた15歳!?ランウェイではなく、ミラノの街を歩いたアリアナさくら

sponsored by e-smile online

新型コロナの影響でショーが取りやめになったATSUSHI NAKASHIMAの新作をミラノで撮影
口コミからシリーズ累計販売個数500万個を突破した「大山式」シリーズ製品の株式会社イースマイルがミラノ・コレクション(Milan fashion week)で、日本人デザイナー アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の4度目のスポンサーシップを行い、中学3年生のモデルであるアリアナさくらさんがランウェイを歩く予定だったが、イタリア政府、イタリアファッション協会の中止要請のため実現しなかった。

ミラコレ前代未聞!ネットでの新作発表とは?

アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の新作発表は、ネット上で行われた。

http://www.atsushinakashima.com/collection/

それに先立ち、ショー当日だった24日は、急遽ミラノ市内でATSUSHI NAKASHIMAチームの撮影を敢行。その様子は、以下に詳しくレポートされている。

ミラノ到着から、緊張が徐々にほぐれてきたアリアナさん


▲フィッティング会場のそばの古い建物で可憐なポーズのアリアナさん

アリアナさんがミラノに到着したのは、20日。

空港での非接触型の体温検査はあったが、いつものミラノファッションウィークらしく、街は華やいでいた。ただ、一点をのぞいて。

新型コロナウイルスのため、いつもはアジア人のなかでは多数派である中国のプレス関係者の姿はほとんど見かけなかった。

イタリアファッション協会は、事態を重く見て2月5日に、来場困難な中国企業の参加を可能にする「中国団結キャンペーン(Chinese solidarity campaign)」を発表。インスタグラムでは「中国とともに(China, we are with you)」という画像を投稿も行われた。

アリアナさんは、ショーが行われる予定だったドゥーモのそばでショッピングを楽しむなど、出国前の緊張のおももちから徐々に笑顔が増えていた。

先の見えないなかでも、笑顔で


▲撮影当日は暖かく、風はさわやかに吹いていた

翌21日にイタリア北部のベネト州で78歳の男性が死亡。ニュースのトピックが新型コロナで埋め尽くされていく。

アルマーニが無観客ショーになるというニュースが流れ始めた。ATSUSHI NAKASHIMAのショー開催が危ぶまれ、ショー自体の雲行きがあやしくなっていく。

そんな中、アリアナさんはオーディションを見学。

世界のショーモデルたちを間近にし「モデルさんたちがカッコ良すぎる!ショーが楽しみです」と、不安な状態の中でも興奮冷めやらぬ様子だった。


▲本場のオーディション、フィッティングを存分に見学したアリアナさん

さまざまな国のショーモデルたちと交流

フィッティング当日、アリアナさんは、300人近くのオーディションから最終決定した海外モデルたちと交流するなどして、ショーに備えていた。

モデルたちもアリアナさんの15歳だと知ると「ぜひショーを楽しんでほしい。ショー当日もお互いに頑張ろう!」とエールを送った。


▲「いいスタートを切ったね」と声をかけた南米出身の男性モデルとともに

 

ミラノの街を制服姿で

別日には、持参した制服でイタリアの街をバックに撮影も行った。

「前日のテストメイクが残ってしまって、肌のコンディションは良くないかも」と心配しながらも、撮影が進むに連れ、プロフェッショナルな表情に近づいていった。

撮影時には、地元の人もスマートフォンで横から撮影するほど。
堂々とした様子はミラノっ子の視線を集めていた。


▲目抜き通りから一本入ったカフェが並ぶ路地裏でポーズを決めた

ミラノ政府から、前夜突然のショー中止の通達

ショー前夜の23日に無観客ショーすらも行えないことが決定。
ミラノ政府からの中止は絶対のため、現場は混乱した。

ATSUSHI NAKASHIMAチームは、新作発表をルック撮影に切り替えた。

アリアナさんは、予定していた2コーディネイトだけでなく、あわせて5コーディネイトを急遽着こなした。

15歳が見せたプロ根性


▲撮影場所の公園には、もう桜が咲いていた。

イタリア政府の突然の決定に、右往左往する大人たちに囲まれながら、大役を果たしたアリアナさくらさん。

当初の予定より、時間やさまざまな制限もあり、ハードな行程となった。

「こんなことになるとは思っても見ませんでしたが、良い経験になりました。たくさん服も着られたので
うれしいです」と終始笑顔で、スタッフを気遣う様子も見られた。

自由にポージングをするアリアナさんの軽やかな姿に、スタッフたちから何度も感嘆の声がもれた。

大山式の担当者は「次は絶対ランウェイを歩いていただきたい」

大山式チームのカメラマンは「さくらさんが日に日に表情が変わっていって、本当に成長したなぁと実感しました」と語る。

同社は「大人が焦っているなか、静かに、自分の持ち場をまっとうしようとした姿に感動しました。今回は残念ながらランウェイは歩けませんでしたが、次回、必ず歩いていただきたい」とアリアナさくらさんの続投を希望した。

奇しくも今回のATSUSHI NAKASHIMAのテーマは「PLAY BACK」。

アリアナさくらさんが今回の経験をどのように「PLAY BACK」し、次回は花開かせるか、注目が集まっている。

「大山式とは?」

日本の技術は、世界中の女性の「美」「健康」「プロポーション」へ寄与する。

大山式とは全身を支えている足裏からアプローチできる姿勢補正具として大阪大学名誉教授・大山良徳先生監修のもと、研究を重ね開発された足指パッドです。

浮き指とは、立ったときに足の指か浮いている状態で、重心がかかとに偏る状態。

多くは、本来は重心がかかるべきの足の指にはかからないため、疲れや不必要な筋肉の発達と脂肪の蓄積により下半身太りを起こすと言われています。

大山式をつけると「自然と足指が動いて浮き指が改善される」「姿勢が良くなる」「自然に脚がまっすぐキレイになる」と、ごく一部のモデルから世界へ広まりました。

リピーターも多く、累計販売個数500万個が販売されています。日本の技術は、世界中の女性の美と健康、プロポショーンへ寄与すると支持をされています。​

ミラノ・コレクションとは?

初めて開催されたのが1976年という古い歴史を誇るファッションショー。
イタリアのミラノでメンズ向けレディース向けに、夏と冬の2回行われています。
コレクションはデザイナー達の作品を発表する晴れの舞台であるとともに、ビジネスを展開する場でもあります。
そのため世界各地のバイヤーやジャーナリスト、カメラマンなどを招待して開催されます。

ATSUSHI NAKASHIMA
デザイナー:中島篤

2009年 ジャンポールゴルチェ ディフュージョンライン ヘッドデザイナー就任
2013年 ジルサンダーネイビー バッグライン ディレクター就任
2015年   ミラノ・コレクション公式スケジュールにてコレクションを発表

公式 Instagram:atsushi.nakashima
https://www.instagram.com/atsushi.nakashima/?hl=ja

アリアナ さくら | Arianna Sakura
生年月日: 2004年 05月 09日
出身地:東京都
趣味: 読書,ゲーム,手芸
公式Instagram:ariannasakura
https://instagram.com/_ariannasakura_?igshid=c3qiwgbpnne7
公式Twitter:https://twitter.com/ariannasakura

■大山式シリーズはこちら
https://jiyugaoka-smile.com/category/product/ohyama-series/

ご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら

yahoo!でのご購入はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。