久住さんとイースマイルのお話 ~その壱~

sponsored by e-smile online
「孤独のグルメ」原作者 久住昌之さんインタビュー

今や「孤独のグルメ」もシーズン8!
原作の久住昌之さんにイースマイルの「美と健康」をテーマにお話をうかがいました。

久住さんは、マンガ原作者としてはもちろん、マンガ家、エッセイスト、切り絵作家、作曲家、作詞家など、職業名を限定できないほど多才。

マンガや音楽が中心の活動ですが、そのバイタリティと直観力の源や現在の久住さんの関心や心の方向性のようなものをお聞きできた貴重な時間でした。

寝酒と志ん生の落語がバロメーター

「美と健康」というテーマの会社なんですが、久住さんは普段の健康の秘訣とか、気にしていることとか何かありますか?

漠然とすると、特にはないんですね。

健康とか、たとえば寝ることとかはどうですか?

書いちゃってるんですよね~。
https://jiyugaoka-smile.com/20190805/column0005/


確かに・・・。
いま、睡眠はどれくらいとっているんですか?

いやー、マチマチなんですよー。

でも、絶対6時間は寝ないとやだ!って感じで。寝ないと面白いことを思いつかない気がして。

それはお若いときからですか?

そうですね。わりと。

こだわりの寝具とかあるんですか?

いや、まったくないんですよ!

寝入りばなとかどうされているんですか?簡単にコロッと寝ることできるんですか?

飲めば、寝ちゃうんですよ、笑。寝酒で、笑。

お酒の種類は?

いや、なんでも、笑。

今は日本酒飲むこと多いですよ。横になるとすぐに寝れます。
あとは、落語!志ん生の落語。ひとつの話を聞く前に寝てます。40年くらいかな、もう何十年も持ってる。

それで、最後まで聞いてしまうときは、ほんと眠れない時だよね。みうらじゅんは、米朝落語みたい、笑。

あの声が聞くと安定するんですか?

落ち着く。話し始めに「えー・・・」と言ったところでもう眠くなる。

あの声が落ち着くんだろうなぁ。
周波数が、自分の呼吸に合ってるんじゃないかな。
すーっと寝ちゃう。

一生懸命、二度寝!

寝覚めはいかがなんですか?

昔から寝覚めは悪くないんですよ、全然。

でも、5時間とかで目が覚めたら、一生懸命寝ます!一生懸命、二度寝、笑。

仕事が気になって寝れないとかはないですか?

いや、ないですね。飲んで寝ちゃいます。

あ、でも、今年、三週間ほど入院したんで、飲まなくても寝れることもわかりました!

病院はお酒飲めないですものね。

そう、早く起きてれば、寝れる!

お昼寝とかされるんですか?

日中は、仕事をしているときに眠くなったら、すぐに寝ます!

すぐにソファーで。
横になってすぐに寝れるって、サラリーマンの人と違って、いいところですね。

長生き方向。マネージメントもなし。

漫画さんって、長生きの人が多いという印象ですが。

いやぁ、違いますよ、いっぱい仕事した人は早く死にますよ。

手塚治虫、60歳。石ノ森章太郎も60歳。谷岡ヤスジ56歳。青柳祐介56歳。
さくらももこさんも、53歳で亡くなった。
長生きの人は、水木さんかなぁ。ご存命の人は、ちばてつやさんは元気、永井豪さんも。さいとうたかおさんも。

昔の人は長生きした印象がありますが。

それは、週刊漫画。雑誌がなかった頃のマンガ家でしょ?

連載漫画だと、仕事している量が違う。週刊連載何本もかけもちって、そりゃ命削りますよ。

昔の漫画家さんは仕事なくて、デパートに出張で絵を描いていた人は長命だったらしいんですが。

だからそういうのは「漫画」家で、「マンガ」家と完全に違う職業。

仕事量が圧倒的に違う。アシスタントたくさん抱えて。一人で好きに描いてりゃ長生きできると思う。

なるほど。

僕はそういうマンガ家にはなれないです。

アシスタントを食べさせていくなんて、無理。
マネージャーもいたことがない。
ひとりでできる分だけの仕事でいい。
そのかわり、他のマンガ家と組んで仕事することが多いんです。

「今を生きる」自由人の久住さんは、お一人で多岐にわたる活動をされていることは、編集部も知りませんでした。確かに、久住さん、すごい仕事量・・・。

久住さんのインタビュー、まだまだ、続きます!

▼すべて一点物!!
「有田焼 久寿右衛門の手描き小皿」シリーズについてはこちら!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧