MY PLエッセンス

メモリーヤングエッセンスシリーズ
脱・光ダメージ!新世代ブルーライト対策

肌の潤い・ハリ再生!
圧倒的な潤いでブルーライトを撃退!
MY(メモリーヤング)PLエッセンスついに登場!

加齢より紫外線より怖い「ブルーライト」による光ダメージ・・・

日頃のUV対策は言われなくてもばっちり♪
の方は多いと思います。

・・・・ちょっと待った!その油断は危険です!

実は、紫外線より本当に怖いのは
「ブルーライト」による光ダメージなんです。

※パソコン作業の一般化、スマートフォンの急速な普及で
ブルーライトを浴びる時間はますます長時間化!
紫外線と同じダメージを肌に与える恐ろしいブルーライト!浴び続ければ当然・・
シワ、シミ、たるみ、くすみ、…など様々な肌トラブルの原因に!

新世代「光ダメージ」対策『ブライトレスケア』

美肌の天敵「光ダメージ」対策は紫外線だけじゃ足りない!
「ブルーライト」から圧倒的な浸透力と保湿力で肌を守る!
それが新世代「光ダメージ」対策『ブライトレスケア』です。

動物性プラセンタ配合で保湿力に着目したエンジングケアが可能に!
乾燥する肌に嬉しい高保湿効果
〔きめ細かいすべすべ肌〕〔ハリと潤いにあふれる肌〕

高純度・鮮度にこだわった配合成分

▼プラセンタ
肌の表皮細胞に働いてターンオーバーサイクルを正常に整える。
紫外線やブルーライトによる黒ずみの発生を抑止、水分の蓄積能力をアップ、
肌のハリと弾力の回復を促す。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
プラセンタの源として、豚胎盤タンパクがもっとも人気!
◎日本国内「SPFブタ」使用
◎国際基準ISO・GMP基準に基づいて製造

▼ダマスクバラ花水
メラニン色素の形成を抑制、代謝促進・活力アップ。
チロシンヒドロキシラーゼの活性を抑制し、
ターンオーバーや美白・抗酸化・PHバランスを整える。
ビタミンAとCを多く含み、肌細胞の再生を加速。

中国のみならず日本でも実感の声が広がっています!

中国ではその良さが口コミで拡大!爆買い!大人気!
そして、その人気は日本に上陸!

▼35歳女性
【スマホ焼け対策に!長時間スマホもこれで怖くない!】
スマホを長時間使用するため、「ブルーライト対策」に購入。
個包装だから、毎回開封したての新鮮な状態で使えてうれしい!
これで「スマホ焼け」も気にならず、ぷるぷるもちもちの肌です!

▼42歳女性
【大事な時の肌のコンディションがMYで決まる!】
夜使用すると、翌朝の化粧ノリが全然違います。
肌につけるとじわーっと潤って、心地よい感覚がたまらないです。
大切なイベント前には絶対使用します。

▼51歳女性
【砂漠肌がどんどん潤う!ピンとハリのある肌】
50歳を過ぎてからの自分の肌は、触ったときのざらざら感がまるで砂漠。
でもMYを使ったら、どんどん肌質が変わっていくのを実感!自慢の肌になりました。

FAQ

Q:「PLエッセンス」と「HLエッセンス」は同時に使えますか?
A:大丈夫です!むしろ両方合わせて使うことで良い効果が期待できます。

Q:妊娠中はメモリーヤングエッセンスを使うことができますか?
A:問題ございません。ご心配な場合は医師のアドバイスのもとでご利用ください。

Q:男性はメモリーヤングエッセンスを利用できますか?
A:もちろんです。ブルーライトは男女に関わらず、お肌へ悪影響を及ぼしますので、日頃からのスキンケアに日頃からのお役立てください。

Q:敏感肌にメモリーヤングエッセンスは大丈夫でしょうか?
A:当エッセンスは日本国内における敏感肌対象パッチテストに合格しました。敏感肌・脆弱肌・問題肌などへの使用には心配が要りません。ただし、※皮膚には個人差というのがあるため、すべての方にアレルギーや肌トラブルが起こらないということではありません。

Q:普段長時間パソコンを見ることが多いから、1回に2つエッセンスを使ってもいいですか?
A:一回に一つ(1.3mL)の摂取量は肌の修復に最適なため、「PLエッセンス」「HLエッセンス」に関わらず、過剰摂取にご注意ください。

Q:メモリーヤングエッセンスは配合成分が少なく感じるが、本当に効果ありますか?
A:ご安心ください。配合成分が少ないということは、一つ一つの成分の量が多いということ。シンプルなものほど、よく効きやすいものです。

Q:メモリーヤングエッセンスシリーズにアルコールは入っていますか?
A:メモリーヤングエッセンスは、アルコールが一切入っておりません。ご安心ください。

スペック

商品名:MY PLエッセンス 117ml(1.3ml×90袋)
内容量:1.3ml×90袋
原材料・成分:水、ダマスクバラ花水、BG、プラセンタエキス、フェノキシエタノール

ご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。